ニュース

「科学と革新の核、世界への窓」を中心とした異質な双子の核を巡り、上海に世界的な映画テレビ制作センターを建設する



区の第6回党大会では、区委員会の業務レポートによると、過去5年間に松江は「科学と革新の核、世界への窓」を中心にする異質な双子の核を巡り、上海科学技術映画館の都のマスタープランを完成させ、華策長江デルタ国際映画テレビセンターなどの大型テレビ映画プロジェクトの建設を開始し、科学技術映画テレビ産業の業界をリードする集中センターと世界的なテレビ映画の文化交流の窓口を構築すると指摘した。

上海科学技術映画の都は、上海国際映画テレビセンターの重要なところである。2018年の建設開始以来、ビジネス環境は継続的に最適化され、テレビ映画のエコロジーはますます向上している。これまでに7,000近くの映画テレビ会社やスタジオが集まり、映画テレビの制作、撮影、トレーニングなどをカバーし、基本的に映画テレビ業界チェーン全体の発展を実現している。華策長江デルタ国際映画テレビセンターなど、数々の大型映画テレビプロジェクトの建設開始に伴い、上海科学技術映画都のブランディング効果、集中力、認知度、影響力は高まっている。

現在、長江デルタ国際映画テレビセンターのプロジェクトは本格化しており、年内にはハイテクスタジオが稼働し、2022年にはプロジェクト全体が完成して稼働する予定である。

その実績を振り返ってみると、松江が映画テレビの投資の温床になったのは、決して一朝一夕で生まれるものではないことだ。将来を展望すると、みんながやる気満々で、松江の映画テレビ産業の従事者は緊張感を保ったままであった。区文化観光局映画テレビ産業科の張嵐科長は記者団に対し、ここ数年、区内の映画・テレビ事務所、園内の街が投資を強化しており、新規導入企業の数が大幅に増加していると語った。今年は、華策長江デルタ本部、時光座標上海本部、上海光ファイバーテレビ放送有限公司や定軍山映画産業などが相次いで拠点を置いた。松江区が上海国際映画テレビセンターと共同で開催した「上海国際映画テレビ祭 上海科学技術映画館の都」の一連のイベントは、各界の人々の参加を惹きつけ、「上海科学技術映画館」のブランド認知度を効果的に高めた。

ランドマーク