ニュース

松江経済技術開発区産業政策は持続的に強化



1月18日、2020年度国家レベル松江経済技術開発区、松江総合保税区長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の高品質な発展についての企業座談会は松江において開催された。座談会席上には、半導体、バイオ医療等分野の一ロットの産業プロジェクトは成約し、一連の優遇政策が発布された。会議に参加した企業家はこんなコンセンサスを表した:まだ困難期であるが、企業をサービスする松江区の「給仕」は温かい関心を寄せ、産業政策を引き続き強化した。安心し、ゆったりと感じる

席上には、まずバイオ医薬産業発展を促進する関連政策を発布し、高成長性、高付加価値、キー核心的技術を有す業界関連企業にフォーカスし、切実に企業の発展を支持する:新規入居したバイオ医薬或いは医療機器企業に対し、入居日から二年間の家賃手当を与え、最高500万元に達することができる;環境評価サービスと危険廃棄物処分費用は全額で手当する;バイオ医薬企業を励まして各種類のハイレベルの研究開発機構を建設する;認定された工事(技術)研究センター、重点実験室に最高200万元の補助を与える;初めて全国医薬工業百強企業にランクしたものに対し、最高300万元を奨励する;バイオ医薬企業を励まして優秀な人材を導入し、全方位に人材アパート、家賃手当、不動産購入手当という「三位一体」人材安心居住プロジェクトを推進し、人材家賃手当は最高毎月4500元であり、不動産を購入すると、最高1000万元を奨励する。

席上には、松江総合保税区の高品質な発展を促進する「九箇条の新政策」を発布し、更に大きな気魄で長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の開放型経済の新しいハイランドの急速な発展を実現し、政策によって企業本部発展を支持し、最高1000万元を与える;新興サービス業の集まりを支持し、最高300万を与える;核心的なチーム建設を支持し、高級管理者に対して最高一人で毎年50万元を与える;公共監督管理サービス倉庫を提供し、精々3年間の倉庫保管サービス料を免除する。

了解によると、第十三回五ヵ年計画の末、松江経済技術開発区は地域総生産を425.10億元実現し、第十二回五ヵ年計画の末より34.4%成長し、年平均の成長率は6.1%である。第十三回五ヵ年計画期間中、合計で恒大新エネルギー自動車、上海スーパーシリコン、復宏漢霖バイオ医薬、騰訊スーパーコンピューティングセンターなど8つの百億レベルの重大プロジェクトと89つの重点プロジェクトを導入し、プロジェクト投資総額は2390億元に達した。

ランドマーク