ニュース

思賢公園の夜景ライトプロジェクトが間もなく改造を完成する



松江区思賢公園の夜景ライト改造プロジェクトがまもなく完成する。公園内の湖岸に沿う路線、スローライン歩道、特色のある彫刻がライトアップされるので、市民に夜遊びのいいところを提供する。

思賢公園の内に植生が盛んであり、全体として比較的に静寂であり、道路や庭のライトが景観全体及び建築のスタイルと調和しないため、市民の夜間の園遊体験を影響する。このため、思賢公園は夜景ライト改造向上プロジェクトをスタートさせ、高品質の夜景照明展示エリアの構築を目指している。

地域全体の景観ライトは暖色を主とし、明かりを紐帯として全ての緑地と水系地域を繋げる。同時に、公園の喫茶店の周辺と橋下でフォッグシステムを採用して雰囲気を際立たせ、七色の明かりと織り交ぜ、霧が薄絹のようで朦朧した月光の下でまるで仙境に身を置くようである。

タカの柱の彫刻の前にまばゆい照明用探照灯が大量の光束を発散し、夜のアーチ型の橋はライトにより美しく飾りつけられている。黄金色、ピンク、青紫色のライトが湖面に照り映え、きらびやかな色の帯を引き出す。

虹のスローライン歩道は静かな夜をロマンチックにさせる。設計全体は湖岸に沿う路線、橋、緑化、建築の空間レベルを重視し、公園の緑化配置と景観ライトを巧みに結び付け、静かでやわらかく、精巧で美しい夜景効果を形成する。

 調査によると、更に良い夜景効果を収めるために、春節後には湖に沿う一周に照明帯を添える。

ランドマーク