ニュース

倉城の歴史風貌区建設を推進、地区文化観光の新規名刺を構築



倉城は歴史における明珠のようであり、素晴らしい歴史を残った。現在、如何に良く倉城を保護するのか?九三学社上海松江区委員会からの政治協商委員は、できるだけ早く倉城の歴史風貌区建設を推進するのが地区文化観光の新規名刺を構築し、松江ないし上海歴史を展示する窓口であり、文化自信を建立し、人文松江建設を表す重要な手段でもあると認める。

政治協商委員は、近年来、倉城歴史風貌区建設が一定の進展を遂げたが、推進過程にボトルネックが存在し、建設進捗度を影響していると直言した。

如何に古い倉城をできるだけ早く新しい活力を示すか?九三学社上海松江区委員会メンバーは最新の政治協商提案には、風貌区推進事業グループ及び国家資本と社会資本と合資する運営会社を成立し、共同で風貌区の計画、建設、運営を推進する。具体的には、社会の力を風貌区の計画建設に参与させるだけでなく、市場の主体にならせ、従って松江文化保護と文化消費発展のバランスを取る役割を果たす。

如何に倉城歴史文化風貌区を構築し、「スター効果」を形成するかについて、九三学社上海松江区委員会は重点的に市川、中山西路、秀南街「一川二街」を巡ってレイアウトし建設し、風貌区の核心的な地域を構築すると提案した。

彼らは、倉城の発展は明代が水次西倉を建設して水路輸送の中心になって初めて繁栄になった、現在、残っている古い建築、文物保護場所も多くが清代の建築であるため、「明清」と位置づけ、倉城の歴史特徴を際立つと認める。

その他、彼らが特に言及したのは、文化保護と伝承が市場化によって運営する必要があり、特色なグルメストリートを設置し、映画テレビ文化創意産業を導入し、水上観光項目及び特色レジャー宿泊などを構築するのがいずれも古城に活力を添えることができる。
 

ランドマーク