ニュース

騰訊は長江デルタG60科学技術イノベーション回廊と「手を携え」、「騰訊G60行」産業チエーン協力の新規「モーメンツ」をスタート



 去年3月騰訊が松江に長江デルタ人工知能スーパーコンピューティングセンターを構築した、2021年に入り、騰訊はまた松江を起点や支点とし、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊と「手を携え」、「騰訊G60行」産業チエーン協力の新規「モーメンツ」をスタートした。

1月5日に開催された騰訊・長江デルタG60科学技術イノベーション回廊産業チェーン協力大会によると、騰訊は深く長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の九都市に融合し、協力パートナーに広く良質な製品とサービスを提供し、共同でデジタル産業化、産業デジタル化を推進し、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊知能製造の高品質な一体化発展に助力する。

「騰訊G60行」産業チエーン協力のスタートは騰訊が松江を起点や支点として九都市協力を促し、産業チェーン生態建設をレイアウトし、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊一体化と高品質な発展に新しく貢献することを意味している。「騰訊は松江にアジア最大のスーパーコンピューティングセンターを構築し、2つの最も核心的なトップクラス実験室をレイアウトし、ビッグデータ、クラウドコンピューティング及び人工知能分野に100社近くの生態企業を導入する」と騰訊雲副総裁道峰は表した。

今回の大会は松江に開催されたが、騰訊が長江デルタG60科学技術イノベーション回廊九都市全体、百社の生態協力パートナーに向けて催された大会である。「我々は松江だけでなく、次は当社の人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング及び産業インターネット分野における各能力を九都市に輻射しようと希望している」と道峰は表した。

今回の大会では、松江区政府、騰訊Keen Lab、上海珑叡情報科技有限公司は共同で協力協議に署名し、三社はKeen Labをキャリアとし、騰訊のフルラインの安全製品を統合し、松江知恵都市プロジェクに立脚し、全ての視点から安全ソリューションをカスタマイズして提供し、更に工業インターネット安全防護機能を向上させ、松江の長江デルタG60科学技術イノベーション回廊インターネット情報安全デモンストレーションエリア構築に助力する。
  

ランドマーク