ニュース

辰山植物園は元旦花展覧を開催し、四色のポインセチアで「華々しいスタート」を構築



先日、辰山植物園展覧温室の熱帯花館は元旦花展覧を開催し、いい幸先を祝った。現場で四色のポインセチア、国家二級保護植物アジアンタムホウライシダレニフォルメと美しいアフリカ芙蓉植物など珍しい花や草を出展し、色とりどりの景色は観光客に視覚の盛大な宴会をもたらした。

館内に入ると、美しく艶やかなポインセチアは雑然としながらも趣があり、人目に付く。辰山植物園の高級エンジニア張哲によると、市場によく見られる真っ赤なポインセチアを除き、今回の元旦花展覧の最大のライトポイントは四色のポインセチアを出展したことである。「真っ赤なポインセチアの他、我々も三色の非常に特別なポインセチアを出展した、普通、市場にただ真っ赤なポインセチアが造型植物として栽培されているが、辰山植物園の園芸者は四色の品種を心を込めて選んで栽培した」と張哲は紹介した、高さが二メートルのポインセチア造型植物は品種選択育成、切り揃え、間引き、手入れなど一連の過程を経て完成するには三、四年かかる必要がある。

独創的な四色のポインセチアが新年に輝きを添える、一方、観光客も館内に元々東アフリカおよびマダガスカルに生まれるアフリカ芙蓉植物を鑑賞できる、園芸者の心を込める剪定や手入れのお陰で、綺麗な華やかな垂れ下がる花、創意がある切り株造型は市民に珍しいマジックな旅をもたらした。

聞くところによると、本会の花展覧は今月15日まで続き、興味があると見に行こう。
 

ランドマーク