ニュース

国際影響力を有す科学技術イノベーション回廊を構築



12月27日午後、国家科技部は牽引役として長江デルタG60科学技術イノベーション回廊策源地松江において『長江デルタG60科学技術イノベーション回廊建設方案』を切実に実行する推進大会を開催した。

紹介によると、『方案』は「2022年まで、科学技術イノベーション回廊の建設は初めて効果を現す」、「2025年まで、基本的に国際影響力を有す科学技術イノベーション回廊を建設完成する」具体的な目標及び量化指標を提案した。争って2022年まで、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊地区の研究開発投入力は3%に達し、戦略的新興産業増加価値は地区総生産の15%を占め、上場企業数は年平均で100社以上が新規増加し、ハイテク企業の年平均増加数は3000社ぐらいであり、ハイレベル人材、今期大学卒業生など各種類の人材を毎年20万人以上を招き入れる。争って2025年まで、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊地区の研究開発投入力は3.2%に達し、戦略的新興産業増加価値は地区総生産の18%を占め、若干な世界レベルの製造業クラスターを形成し、国内外産業分業と価値チエーンにおける地位は明らかに上昇し、我が国の重要なイノベーション策源地になる。

松江区長李謙は、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊は新規発展理念を堅持する末端の生き生きとする実践から国家戦略の重要なプラットフォームにグレードアップした、次は、策源機能を発揮し、更に大きな責任を以て長江デルタの高品質な一体化発展をサービスする。九都市の優位を連動させ、更に大きな力で「三先」デモンストレーション廊下を推進する。五区の機能を集め、更に正確な位置づけを以て科学技術イノベーション連盟の戦略共同体を構築する、と表した。

ランドマーク