ニュース

九里亭の初の開放式緑地が姿を現し



九里亭公園は先日神秘なヴェールを取り去った。九里亭街道の初の大型開放式緑地として、公園は姿を現すとたん、市民に広く歓迎された。

了解によると、九里亭公園は東が滬亭北路に、南が老管家川に、西が九亭第四小学校と第四幼稚園に、北が涞寅路に、それぞれ至る。公園は敷地面積が3.5万平方メートルに近く、レジャー、遊覧・休憩、フィットネスと娯楽が一丸となる公共緑地空間であり、公園はフィットネス歩道をメーンラインとし、園内小道と合わせて、多くのノード景観を繋げ、市民に豊富な体験をもたらす。

「この公園の最も大きな特徴は各年齢層の住民の需要を満足できることであり、皆はここで自分の活動場所を見つけることができる」奥園コミュニティに住む李成華は表した。この公園の周りは住民ビルが林立し、近くに学校、商業圏などもあり、人口がより密集していたが、周りは緑地が欠如した、この公園の建設完成は大いに周りの住民のフィットネスレジャーに対する需要を満足した。

公園で散歩し、歩きながら景色が変わる。景観亭、花棚、花箱、歩道……「亭」の元素はどこもかしこもある。ちょうど冬であり、ある樹種は栽培したばかりであるため、植物はより単一である。了解によると、来年になると、梅の花、桜、海棠は相次いで咲く、煌びやかで美しい;コウシンバラ、クチナシ、モクセイなど芳香性植物は市民に鑑賞体験をもたらす。夜のとばりが降りる時、園内に飾ってあるライトは公園夜景を明るくする。

紹介によると、公園の施設建設は更に改善され、細部が最適化する必要がある。後続に、公衆トイレ、直接飲用水などサポーテイング施設は陸続に開放する。

ランドマーク