ニュース

家の傍に世界の有名なオペラを鑑賞でき、松江は初のオペラ芸術センターを成立した



先日、新松江路276号に位置する上海施恒オペラ芸術センターでは開幕音楽会が開催された。

活動当日、様々な有名な幕はここで交代で上演し、観衆達は心ゆくまで堪能した。上海施恒オペラ芸術センター創始者である施恒は有名な男性アルト声楽家とオペラ監督、上海音楽学院声楽学部助教授、フランス留学修士である。上演現場では、施恒は毎回分かりやすく説明したので、上品であるが意味が分かりにくいオペラの幕は彼の解読で分かりやすく、生き生きと面白くなった。施恒は、このような方式を選んだのは市民を更に便利にオペラ芸術を了解させ、従ってオペラ上演に溶け込み、オペラ芸術の普及のために「科学普及事業」を良く実施するからである、と表した。

オペラ上演と共に姿を現すのは新しく成立した上海施恒オペラ芸術センターもあり、その総面積が1000平方メートル余りであり、20つ以上の音楽教室、1つのスタジオ及び1つの200人を許容できる音楽ホールを設けている。紹介によると、新しく成立したオペラ芸術センターはオペラ知識を普及し、オペラ文化を伝播し、オペラ人材の育成する初志に基づいて非営利の社会サービス活動を主な形式として、松江市民にオペラ鑑賞プラットフォームを提供し、松江市民をオペラ文化の魅力を感じさせる。施恒は、良質な大衆的なハードウエア環境に頼り、幕をそのまま保留する前提でオペラを分かりやすくし、従って大勢のオペラ愛好者を育成しようとすると表した。

オペラ文化の伝播使命を担当する他、上海施恒オペラ芸術センターは児童合唱団も募集し、中国と外国の有名なオペラを教え、且つ簡単なフランス語、イタリア語と英語を教えた。
 

ランドマーク