ニュース

我が区博物館は国際博物館日に多くのイベントを送り出し



5月18日は国際博物館日であり、今年の国際博物館日のメーンテーマは「平等を目指す博物館:多元と包容」である。松江には、松江博物館、上海中国留学生博物館などは無料で大衆に開放し、且つオンライン・オフラインの多くのイベントを開催し、市民に文化・博覧の盛大な宴会を提供する。

疫病の影響を受け、松江博物館は徐々に展示地域を開放する方式を採用し、現在の開放地域は東、西両側の碑の廊下であり、19日、メーンホールが対外に開放し、展覧館二階にある「流沙沈宝――松江博物館館蔵珍品展覧」は松江地区が例年に考古で出土した文物と館蔵文物を陳列し、合計で5000余りであり、松江の歴史文化特色を表した。

博物館日の到来を迎えるため、松江博物館も「唐宋華亭県市」オンライン講座ビデオを制作し、博物館長が講演を担当する。その他、博物館の公式サイトには、絶えず「学術資源」の内容を充実し、学術ビデオとデジタル資源を送り出し、特に館蔵系図は重要な地方学術史料である。

5月18日、上海中国留学生博物館「根を張り、精神を構築」ホールには、松江メーンホールイベント開幕式が行われ、一連の展覧、講座も伴って開幕した。「天下帰心」常設展覧は無料で開放し、有名な留学生をポイントとし、留学生歴史をラインとし、前の世代の優秀な留学生が時代の発展プロセスに果たした重要な役割を紹介した。

ランドマーク