ニュース

「絵で古典を展示」芸術展覧は五月の松江に詩の趣をもたらす



先日、「絵で古典を展示」展覧は雲間殻物倉庫芸術館に開幕し、合計で陳佩秋、林曦明、陳家泠、戴敦邦など39人の有名な芸術家が8年間を経て創作した300枚余りの絵を展覧し、絵の形式で改めて『詩経』、唐詩、宋詞における有名なものを表現し、素晴らしい芸術展覧と称するに足る。

疫病の状況好転後、雲間殻物倉庫の初の芸術展覧として、今回の展覧は68日まで続き、無料で大衆に開放する。

展覧現場には多くの名家が集まり、出展作品も様々なスタイルであり、それぞれ長所や特色があり、芸術家の創作は最も伝統的な文房具を使用するにも拘らず、作品の視野が現代化であり、それぞれ伝統文学作品に対する異なる理解を表している。

今回の展覧は独特のスタイルや雰囲気を持っている、出展芸術家の年齢によって並べ、年上の者は最も優先し、例えば同じ作者は多くの作品を展覧する、『詩経』、唐詩、宋詞の順位によって並べ、順番に鑑賞し、伝承のように感じられる。

紹介によると、今回出展した作品は8年間を経て創作したのであり、3回の創作集結によって最終的に今の完全な「絵で古典を展示」シリーズを完成した。

展覧現場には、詩や絵のそばに対応な詩歌翻訳があるが、翻訳者は「中国翻訳文化生涯功労赏」入賞者、北京大学許淵衝教授であり、これは中国の優秀な伝統文化が海外進出し、世界に向けて発展するために有益に試すことに取り組む。現在、同じ名前の本である『絵で古典を展示』が既に出回り、孔子学院本部の推薦書籍になった。

ランドマーク