ニュース

広冨林郊外公園の百メートルのコウシンバラ花廊下は綺麗に咲いている



5月という春夏の変わり目は、ちょうどコウシンバラが盛んに咲く季節であり、広冨林郊外公園の2番のドアのあたり、280メートル余りの廊下棚には赤いコウシンバラが掛け、ロマンティックな「タイムチャネル」を形成し、あでやかな色彩が入り乱れ、実に壮観である。

聞く所によると、広冨林郊外公園のコウシンバラ廊下棚は2016年に区園林センターによって建設され、60セット余りのアーチ型の花棚と花箱からなる、ライアナコウシンバラの栽培品種はアンジェラであり、新森林会社の四年間の心を込める育成によって、現在、コウシンバラは花棚に満開し、ちょうど花の盛りの時期であり、コウシンバラ廊下は郊外公園の美しい風景になった。
 

ランドマーク