ニュース

騰訊は「上海松江」と手を携え



今日記者は松江区にインタビューした、2020年上海市重大産業プロジェクト集中的成約並びに特色産業園区推薦紹介活動には、松江区は集中的に一連の重大産業プロジェクトと成約し、投資総額が250億元である、と分かった。

これらの重大産業プロジェクトには、騰訊長江デルタ人工知能スーパーコンピューティングセンター及び産業基地プロジェクトは最も注目を集めた。紹介によると、このプロジェクトは投資総額が150億元であり、今年に着工・建設する見込みであり、できるだけ速く竣工してから使用する。プロジェクト計画敷地面積が約236ムーであり、100社以上企業の規模の人工知能産業園を形成する。

松江区と騰訊会社とは都市デジタル化建設と産業発展に関して高く一致し、騰訊の先端科学技術に対するレイアウト及び世界スーパーコンピューティングセンターの事前準備に依託し、騰訊はその協力パートナーと聯合し、松江に長江デルタスマートスーパーコンピューティングセンター中枢をランデイングし、戦略的新興産業発展、国家革新型都市と知恵都市建設を推進する重大な戦略的インフラになり、且つ争って長江デルタ最大、全国トップツリーのAIスーパーコンピューティングセンターになる計画である。

一方、スーパーコンピューティング中枢の構築をきっかけとし、騰訊及びその協力パートナーはそれぞれの資源優位を発揮し、良質なAI企業を導入し、腾讯長江デルタAI加速器、腾讯科思実験室は松江にランデイングし、AI産業生態を構築し、松江が長江デルタ人工知能産業ハイランドになることを速く推進し、先端地位を固める。

その他、騰訊はその協力パートナーと聯合し、1(松江区政府)+1(騰訊)+N(生態協力パートナー)の協力方式を取り、松江区新型知恵都市建設に助力し、WeCity未来都市を構築し、且つG60科学技術イノベーション回廊知恵都市実験デモンストレーションエリアになる。

騰訊長江デルタ人工知能スーパーコンピューティングセンター及び産業基地プロジェクトの他、今日は松江区が集中的に成約した重大産業プロジェクトは康佳集団上海国際本部プロジェクト、中車都市交通本部基地項目、尚実中小型航空エンジン研究開発と製造プロジェクト、三旺通信研究開発産業化総合基地プロジェクト、金日冷却会社外資研究開発センタープロジェクト等をも含み、投資総額が百億元を超えた。

ランドマーク