ニュース

国慶節前後は、観光客が松江美術館で「旧式木綿」を観賞し、触れることができる



新中国成立70周年を祝うために、「都市の白・布の間」は松江美術館に出展し、集中的に松江の多くの場所で集めた旧式木綿を展示し、例えば方格木綿、手織りの布のチーパオであり、それに木綿で作られたティーバック、書類包装物、リュックサック、荷物箱等文化創意製品もある、不完全な統計によると、百種類ぐらいに達した。種類が多くの木綿模様は歳月の痕跡を残し、無言で松江の歴史を述べている。

松江の歴史を顧みると、二つのものは世界に有名であり、一つは食べ物ヤマノカミであり、もう一つは着物松江布であり。元代の松江地方は全国の綿紡績業の中心地であり、数百年を経ても衰えない。

ところで、工業時代が来るにつれて、家庭作業場の手作業は次第に機械に取って代わられ、綿紡績業は農村から都市に発展し、手作業の糸紡ぎ・布織りは滅多に見えなくなった。「改めて旧式木綿の活力を示すため、松江九曲スチームワークショップの女性オーナー楊潘紅は泗涇、葉榭、新浜、石湖蕩等場所を転々とし、多くの木綿を集め、且つ木綿の模様を以て文化創意製品を開発することを試み、例えば携帯電話シェル、カバン、書類包装物等であり、改めて松江「不足を補い、革新する」理念を構築し、松江の木綿を再度流行にならせる。

松江文化館長陸春彪は松江木綿について深く研究した、陸氏から見れば、木綿は農耕文明と伝統的生活の原始記憶を伝承し、人間と自然とは協和を取って共生する状況を生き生きと反映している。木綿は服装に加工した後、模様を染めて飾り付け、文人墨客は梅蘭竹菊を多く運用し、大衆はこれらの野生の花や野草を選びぶ、これは生活状態を表し、生活から取材し、一般な労働者が自然に対する畏敬と尊重を表す。

ランドマーク