ニュース

世界初の間食博物館は松江に入居



上海来伊株式会社が構築した世界初の間食博物館は先日松江区において落成した。

間食博物館は九新道路855号に位置し、敷地面積が4200平方メートルであり、歴史伝承、革新発展と体験共有という三大メーンテーマを分け、多くの国からの千種類近くの間食を集め、更に科学普及教育、親子娯楽、交流体験と飲食サービスなど機能を一丸とし、科技感に満ちる「間食神秘王国」であり、十分に中国五千年の間食文化と間食魅力を展示している。

五殻技芸工房、ナッツ本拠地で散歩しても、キャンディー神秘王国で逍遥しても、観衆は娯楽を通して教育を受ける間食文化雰囲気に身を置くことができる。

間食博物館は多くの科技元素をも加入した。最新の科技に恵まれ、間食博物館はこれまでにない全方位な、多次元の、更にきらびやかで美しいハイテク没入型交流体験を構築し、娯楽と共に教育することで、観衆のために一新した知識と感官体験をもたらす。

中には、館内には一階、二階を貫通し、木で建てられた家屋をサンプルとして構築した「五次元記憶館」は音声、光、電気などマルチメディア技術に頼り、「春」、「夏」、「秋」、「冬」という四大メーンテーマを巡らし、観衆に一新した味覚、聴覚、触覚、嗅覚、視覚の五種類の感覚空間体験をもたらす。実景ウインドウズ及びインタラクティブデバイスと合わせて、見学者は深くハイスタンダード、現代化の品質制御と物流倉庫体系を了解し、先頭に立つ間食食品企業がどのように24の防御線で食品安全を守るかを究明できる。

ランドマーク