ニュース

『上海空撮・松江編』は昨夜初放送



「科学技術イノベーション、人文、生態」の美しい松江の詩趣に富む絵巻は徐々に広がる

昨夜、『上海空撮・松江編』は東方衛星テレビに初めて放送し、三分間であり、100余りのシーンがあり、全面的に松江の経済発展、人文景観と自然風貌を現し、俯瞰の独特な視点は、観衆に新鮮感をもたらした。続々とやって来る百億レベルのプロジェクト、目標に向かって長い間努力を重ねた広冨林文化遺跡、大上海の後庭園である余山国家森林公園等都市地理標識は姿を現し、「科学技術イノベーション、人文、生態」の現代化の新しい松江全景図を描いた。

松江は絶えず高品質な発展を推進し、商業経営環境を最適化し、正泰啓迪インテリジェント電気港、ハイアールインテリジェントバレー、上海スーパーシリコン等百億レベルのプロジェクトは続々と長江デルタG60科学技術イノベーション回廊に入居し、共同で松江という「チャンスの都市」の建設に参与した。空撮ビデオにおける長江デルタG60科学技術イノベーション回廊プロジェクトは頻繁に現した。

松江は「上海の根」の名誉を有し、奥深い歴史を持ち、陳続儒、徐霞客、董其昌等の著名人はここに集まった、広冨林文化遺跡は更に上海の古い歴史文化の絵巻を広げている。

無人航空機のレンズにおける余山国家森林公園は山が秀麗であり、森林が繁茂している。松江はしっかりと美しい景色の生態限度基準を守り、合理的に森林資源を利用し、生態観光体系を構築し、市民のために都市生活住居環境を営造する。「高速に発展する都市であればあるほど、心を楽しめるグリーンな生活美学が必要である」。

グリーンな生態は観光スポットにあるだけでなく、九科緑洲は九亭鎮と臨港松江科技城を接続し、グリーンな生態廊下は目や心を楽しませる。

空撮の最後、夜の松江はライトがきらきらと輝き、光はきらめき、ハッピーバレーのマジックなライトショーは上演している、多彩の夜の景色と合わせて、流動している油絵が徐々に広がるように、めでたく平和で静かである。

昨夜、大勢の松江の人々はウィチャットのモーメンツで『上海空撮・松江編』を共有した、多くの人は「上海松江」ウィチャット公式アカウントにメッセージを残した、美しい松江のためにいいねを押した、「科学技術イノベーション、人文、生態」の現代化の新しい松江のために喝采した。

ランドマーク