ニュース

車墩鎮は1500軒の賃貸用住宅を建設し、科学技術イノベーション人材にサポートサービスを提供する



投資総額が10億元で賃貸用住宅を1500軒を建設する見込みである。8月20日、車墩鎮と上海プレミア(集団)有限公司とが協力した「車墩鎮集団建設用地の賃貸用住宅開発プロジェクト」は成功的に成約した、将来は長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の人材に更に良いサポートサービスを提供する。

聞く所によると、このプロジェクトは車墩鎮の核心的な地域に位置し、裏側は上海映画・テレビ楽園であり、軌道交通22号線車墩ステーションと隣接し、周りは完善な生活施設がある。将来、プロジェクトは組み立て工事としてコミュニティ綜合体を建設する。その他、借主の後顧の憂いがないように、プロジェクトも完善なインテリジェント施設を提供すると共に、プロジェクトは入居人材のために多種類のカスタマイズなバトラーサービスを提供し、科学技術イノベーション・エリート群体の全方位の需要を満足する。

「このプロジェクトは車墩鎮人材住宅問題を解決することを主な出発点とし、賃貸用住宅のショートボートを補う」車墩鎮関連責任者は表した、今回の協力は国家『集団建設用地を利用して賃貸用住宅を建設するパイロット方案』を切実に実施し、当該鎮の産業・都市融合と地区発展及び産業発展の共同な要求に適合する。車墩鎮はこのプロジェクトを賃貸用住宅の見本プロジェクトに構築することに取り組み、人材を引き止め、都市吸引力を向上する。

ランドマーク