ニュース

長江デルタG60工業インターネットイノベーション応用体験センターは松江に根を張った



長江デルタG60工業インターネットイノベーション応用体験センターは松江に根を張った。8月30日午前、「AI変革、工業未来を洞察」をメーンテーマとする2019世界工業インテリジェントサミットでは、長江デルタG60工業インターネットイノベーション応用体験センター建設の始動式並びに応用シーン需要記者会見を催した。

工業インターネットプラットフォームを構築し、「インテリジェント+」を開拓し、製造業モデルチェンジ・グレードアップのためにエネルギーを提供することは国家が経済の高品質な発展を推進する重要な戦略的な措置である。この体験センターは上海市経済と情報化委員会が松江区人民政府、臨港松江科技城と手を携え共同で構築する国家レベルの工業インターネットイノベーション応用体験センターである。体験センターは「体験、テスト、検証、サービス、イノベーション」という五位一体の機能構築を以て松江区を推進して全国工業インターネットソリューションアウトプット策源地、応用体験集中地、専門人材提供地になり、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊を通して工業インターネットの長江デルタにおける一体化発展を推進する。

聞く所によると、体験センターは上海臨港松江科技城の標識的な建築群ーーG60科創雲廊に位置し、核心的な面積は4000平方メートルである。将来、体験センターは長江デルタG60科学技術イノベーション回廊を中枢とし、九都市工業インターネット体験センターと繋ぎ、工業インターネットデータセンターの形成に取り組み、長江デルタ工業インターネット産業生態を集め、工業インターネットイノベーションを励まし、技術研究開発と成果転化を速め、長江デルタ工業インターネットの複合型人材の育成を促し、工業インターネットの長江デルタ地域における共同発展に助力する。

 

ランドマーク