ニュース

長江デルタG60科学技術イノベーション回廊「インテリジェント」プロジェクトは一丸となって発展に取り組み



8月31日、2019世界人工知能大会の閉幕式には、重要な産業プロジェクト協力成約式を催した。長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の二つのプロジェクトーー上海福賽特知能科技有限公司のインテリジェント工業生産ラインプロジェクト、上海科訊嘉連知能科技有限公司の本部研究開発とAIインテリジェントプラットフォーム基地プロジェクトは集中的に成約した。

聞く所によると、福賽特インテリジェント工業生産ラインプロジェクトは洞涇人工知能特色産業基地に位置し、プロジェクトは二期を分けて建設し、投資総額が3億元である。一期のプロジェクト建築面積は約1.6万平方メートルであり、1億元投資する見込みであり、長江デルタG60科学技術イノベーション回廊の先進製造業基礎に依託し、更に工業インターネットに基づくインテリジェント製造全体ソリューション提供プラットフォームを構築する。科訊嘉連会社の本部研究開発とAIインテリジェントプラットフォーム基地プロジェクトは中山街道松江新城本部研究開発機能区に位置し、敷地面積が約1.26万平方メートルであり、投資総額が5億元の見込であり、関連産業生態圏を統合し、共同でAI研究開発、クラウドサービス、ビッグデータとインテリジェントAIハードウェアを一体化するインテリジェント連絡サービスプラットフォームを構築する。

ランドマーク