ニュース

世界初のAiTCインテリジェントなカード発行システムは長江デルタG60科学技術イノベーション回廊に誕生した、2019年世界人工知能大会で初めて姿を現す



先日、世界初のAiTCインテリジェントなカード発行システムは松江に誕生した、且つ今月末に催される2019年世界人工知能大会で初めて姿を現す。昨日午後、記者は上海福賽特インテリジェント科技有限公司を訪れ、当該インテリジェントなカード発行システムの不思議な魅力を感じた。

AiTCインテリジェントなカード発行システムの外見は濃い欧州大陸式の設計感があり、棚本体での機械アームは非常に注目を集める。会社人工知能総監蒋思怡によると、車両が料金徴収ステーションに入ると、入口の視覚センサーは自動的に車両のヘッドを撮影し、初歩的に車両の大体のタイプを識別し、それから超音波で車両が停止することを確認した後、更に視覚人工知能モジュールを通して車両の長さと車輪数を計算し、車両の詳しいタイプを識別し、且つ情報をカードに入力する。システムに含まれる人工知能モジュール、機械アームモジュールはいずれも上海福賽特知能科技有限公司が自主的に研究開発したのである、当該方案は既に国家知的所有権局の授与した実用新案特許を獲得した。

了解によると、現在、国内には合計でETCとMTC人工的カード発行という二つのプロセスがあり、中にはMTC人工的カード発行は人件費コストが高く、作業が間違いやすい欠点がある。「人工知能とロボット技術を通して構築したインテリジェントなカード発行システムは異なる車種、異なる駐車場所のカード発行需要を満足し、人件費コストを節約し、通行効率を高め、ユーザーの体験を改善した」と上海福賽特インテリジェント科技有限公司総経理張丹は表した、当該インテリジェントなカード発行システムは8月29日に催される2019年世界人工知能大会で初めて発布する。

ランドマーク