ニュース

松江はハイテク映画・テレビ基地を構築



上海市文化創意産業弁公室によると、上海市委員会宣伝部は既に松江区と共同で松江ハイテク映画・テレビ都建設事業グループを成立した、松江ハイテク映画・テレビ都に関する一連のプロジェクト建設を推進する。

今年4月、華策映画・テレビと松江区とは協力協議に署名した。現在、華策映画・テレビ「長江デルタ国際映画・テレビセンター」プロジェクトは推進されている。昊浦映画・テレビ基地一期は現在既に頭頂部が完成し、内装を速めに実施している。上海車墩映画・テレビ基地二期、中視儒意映画・テレビ基地一期は計画によって建設している。

上海市文化創意産業弁公室は、松江区が2019年上海国際映画祭り期間中『上海科技映画・テレビ都総体概念計画』と『上海科技映画・テレビ都の映画・テレビ産業発展の促進に関する松江区の若干政策』(以下は『若干政策』と略称する)を発布した。切実に映画・テレビ企業の入居を励まし、映画・テレビに関する重点プロジェクトの建設を支持し、映画・テレビ公共サービスプラットフォーム建設を支持し、映画・テレビ企業の改造とグレードアップを励まし、映画・テレビ後期製作を支持する。科技映画・テレビ都人材激励プロジェクト、青年監督者支持プロジェクト、人材定居プロジェクト、人材育成プロジェクト、人材サービスプロジェクトの実施を推進する。松江区映画・テレビ産業発展専門資金を設立し、専門的に全区映画・テレビ産業発展に用いられる、松江に産業投資基金を設立し、管理規模が10億元であり、松江区に文化創意産業の金融サービスを提供する。華陽湖サービスセンターに立脚し、高品質な映画・テレビ文化娯楽綜合体、文化演芸場所、商業ホテルサービスクラスター等をレイアウトする。玉陽大通りを通して車墩と倉城と言う二大映画・テレビ基地を繋げ、グループを構築する。松南郊外地区に若干の映画・テレビメーンテーマ田園と科技映画・テレビ都の水上出入口を構築する。

ランドマーク