ニュース

新概念文化書店「南村映雪」は泗涇に根を張った



泗涇古鎮旧街に沿って、三つの明清時代の古代建築は一列に並び、最も奥のは管氏邸宅である。玄関には「南村映雪」という字が標識し、後ろの壁と互いに引き立て合って趣をなし、次の行の英語「ART·BOOKS·COFFEE」は「不意に身分を明らかにする」、なんと、これは新華書店が泗涇古鎮に送り出した新概念文化書店だったのか。

「南村映雪」 は新華書店が送り出した新しいブランドであり、文化観光場所のレイアウトを試すことで新しい読書体験を作り出す、と書店責任者荘捷は表した。「南村」は元末明初文学者陶宗儀が泗涇に仮住まいした場所であり、「映雪」は孫道明が泗水の北に移居して建築した「映雪斎」から由来する。

「南村映雪」は完全に既存の古代家屋に依託して修繕し、煉瓦や瓦、彫刻された絵柄や角は、いずれも古代建築の在来風貌を再現している。

「ここで、ネット上最もホットな圖書を閲覧でき、人に先んじて見ることを楽しみにする、そして若くて才能が溢れている芸術家の作品の前に足を止めて観賞できる」。荘捷によると、文化創意製品の展示は書店のハイライトである。記者は、ここには故宮のネット有名文化創意作品もあれば、広冨林文化遺跡等の松江元素によって作られた装飾品もある、葉書、陶芸品、携帯電話のペンダント等の色とりどりの格別な物もある、玄関にはポストが設置している、葉書を書き終わったらここで郵送できる、と気づいた。


紹介によると、「南村映雪」は展覧をも取り入れ、読者に多重の体験をもたらし、玄関の隅に自動支払設備も一台あり、読者は自分で注文し、顔認識で支払うことができる。

ランドマーク