ニュース

新浜蓮花祭りは来週開幕し、「上海芙蓉鎮」はご来訪を歓迎する



第十回新浜蓮花祭りは7月15日に開幕し、普通の蓮花観賞の他、今年主催者は蓮花フォーラム並びに上海松江新浜蓮花研究所除幕式、海墨新浜蓮花中国画芸術展覧、「蓮のために来て、泥で興味を持つ」泥地活動等の一連の活動をも送り出した。

2010年初回の蓮花祭りの開催以来、新浜鎮は蓮花の保護と育成事業に取り組み、蓮花品種は絶えず増え、今は800余り種類に達し、蓮花の植え面積も絶えず拡大した、2010年の200ムーから「千ムーの蓮花池」に発展した。現在、新浜は既に「蓮」文化が濃く、地方文化特徴が明らかな「上海芙蓉鎮」になり、蓮花祭りも既に松江田舎観光の欠くことができない要素になった。今年の蓮花祭り期間中、主催者は一連の活動を送り出し、例えば「蓮のために来て、泥で興味を持つ」泥地シリーズ活動は二週毎に一回を開催し、親子体験試合、見合・交友活動、オンラインインタラクティブ、泥地宝探し等の内容を含む。

蓮花祭り開幕当日は長江デルタG60科学技術イノベーション回廊九都市二十鎮第二回合同会議を開催する、参加者は田舎観光建設を共同で協議し、地域共同発展を推進し、九都市二十鎮プラットフォーム共同建設と顧客源相互輸送メカニズムを形成する。

ランドマーク