ニュース

広冨林街道の二つの緑地は「面目を一新する」



草花が生い茂り、緑があふれ、古風で質朴な木式の長廊の下は時々住民が通り過ぎ、人々は三三五五ベンチに座って世間話をする、これは先日記者が広冨林街道嘉松南路梅家浜路南西隅のポケット公園に見たシーンである。今年、街道関連部門は二つの街道緑地改造・グレードアップ工事をスタートした、当該地域は改造してから景観が増えただけでなく、生態長廊をも増設した、住民のレジャー・散歩するいいところになった。

以前、この地域は高さが何十メートルの黒い松の木だらけであった、夜は周りのライトが弱く、通行者が通り抜ける時怖かったので、回り道をする傾向であった。

住民の意見に応えて、今年以来、広冨林街道は公園を全面的に改造・グレードアップし、区関連部門と連絡して黒い松の木を移植し、あずまや、長廊を増設し、梅家浜路に出入口を新しく設け、住民の出入に便利を提供した。一方、公園にはグリーン植物及び桜、ハナズオウ、紅葉のカエデ、ツバキ等が植えてある。長廊に沿って奥へ行くと、花草と木を除き、小さい広場、ベンチ等が見える、一万余り平方メートルの公園には生命力が満ち溢れている。

紹介によると、広冨林街道は今年も人民北路銀澤路東南側の4000余り平方メートルの緑地を改造した。街道はこの地域で改めて芝生を敷き、歩道を改修し、機能的座席、ゴミ箱等を増設し、且つマグノリア、コウシンバラ、ロウバイ等観賞用花卉を植えた、緑地は四季においても緑が溢れ、何時でも景観があり、住民の好評を得た。

ランドマーク