ニュース

科技映画都建設成果は上海国際映画祭りに姿を現し



上海科技映画都の段階的な建設成果は6月16日に第22回上海国際映画祭りに出展した、松江の奥深い人文的要素、絶えざる加速してきた映画・テレビ産業集中と長江デルタ一体化の業界共同効果は現場の焦点になった。

市民達はグリーンスクリーンの前に各動作を行い、ビデオカメラが撮影した画面はスクリーンに映る時、既に撮影シーンと上海旧城景観画面とのグラデーションワイプを完成した。これは中国科学院計算所太倉分所と松江企業上海聚鷹堂映画・テレビメデイア有限公司が協力して研究開発した奥視佳グリーンスクリーン合成プレビューシステムである。監督はこのシステムを以てリアルタイムに撮影現場で合成したプレビュー効果を見て撮影調整を行うことができる。

松江展覧ホールには、上海科技映画都の初の百億レベルプロジェクト長江デルタ国際映画・テレビセンターは注目を集めた。このプロジェクトは松江区と華策集団とが長江デルタ一体化の背景で強者結合の成果である。

上海昊浦映画・テレビ基地は松江に10つの大型デジタル特殊効果スタジオを企画して建設した、十分な科技感で、観賞してきた映画・テレビ従業者は期待に胸をふくらませた。「映画・テレビと科技との十分な融合は将来上海映画産業の発展方向であり、将来我々は引き続きスタジオの科技水準を高め、世界映画・テレビ従業員に更に多くのサービスを提供する」と上海昊浦映画・テレビ基地副総経理瀋建中は表した。

ランドマーク