ニュース

本市初回の「最も美しい河道」シリーズ選出結果は発表され、松江の3本の河道はランキング



新年の始め、本市初回の「最も美しい河道」シリーズの創建選出結果は発表され、我が区の大邱涇と瀋涇塘は「最も美しい河道」と評価され、華星西河は「最良河道治理成果」と評価された。

瀋涇塘は広冨林、方松、岳陽、永豊等場所を流れ、区が管理する河道であり、4.9キロメートルである。川岸両側には草木が青々と茂っている、タイムズ小鎮、浜湖広場、華亭湖ホテル等商業、レジャー、娯楽場所を一体に集め、河道風貌と融合し合い、松江河道におけるきらきら輝いている明珠―――華亭湖は周りと調和し、一層景色が美しくなる。特に今年河道沿岸の緑道が建設完成した後、周りの住民は団地玄関を出なくても自然に親しみ、レジャーやフィとネスできる。

大邱涇は村級の河道に属し、南は緑帯河からスタートし、東は張家浜まで流れ、2キロメートルであり、上海外国語大学校庭にの河道であり、水域面積が11.21万平方メートルである。川に沿って校庭に散歩し、大邱涇両岸の多元化文化はここで融合する、教師と学生達が休憩・リラックスする良い場所である。

華星西河は治理完成後、新しくポーラスコンクリート洪水防御通路と欄干を建築し、1.6万平方メートルの緑化と1000平方メートルの水生植物とお互いに補い合い、美しい「水上浮島」を形成し、河道を美化すると共に水質をも改善する。

 

ランドマーク