ニュース

両企業は汚染物違法排出で処罰を受け



上海晶華接着新材料株式会社は標準超過で大気汚染物を排出した、智興(上海)金属製品有限公司は法律に違反して重金属含有汚染物を排出する嫌疑がかかった、7月9日、区環境保護局はそれぞれ上述2社の違法行為に対して捜査案件として調査処分した。

7月8日、区環境監察支隊の法律執行者は上海晶華接着新材料株式会社の永豊街道大江路89号に位置する生産場所に対して検査を行った、モニタリングレポートによると、当社の二台のバイオマス粒ボイラが生み出した窒素酸化物排出濃度はいずれも規定した制限値を超過した。9日午後、区環境局は70万元の罰金と生産停止・整頓の懲罰決定を作り出す計画であった、是正しない場合、環境保護部門は日数により懲罰するプロセスをスタートする。

7月6日、区環境モニタリングステーションの法律執行者は智興(上海)金属製品有限公司の九亭鎮九涇路1500号13、14棟に位置するアルミニウム陽極酸化生産ラインに対して検査を行った、作業場施設の汚水排出口及び工場汚水総排出口に対してサンプリング・モニタリングしたことで、上述の両排出口はいずれも重金属が検出した。9日夕方、区環境保護局は当社の重金属汚染物違法排出の嫌疑がかかる生産ラインに対して差押の行政強制措置を取った。

ランドマーク