ニュース

第一四半期、全区は外商投資企業の資本金3.06億ドルを導入



今年第一四半期の統計データによると、今年1-3月、全区は合計で外商投資企業の資本金3.06億ドルを導入し、去年同期と比べて390.8%増加した。中には新たに承認されたプロジェクトが82項、資本金が2.62億ドルに達した。16項のプロジェクトは資本金を増資し、0.44億ドルに達した。受理された登記申請は延べ300社ぐらいであった。

松江はなぜ外商投資の熱地になったか?「一方では、G60科学技術イノベーション回廊の吸引力、創造力、競争力はさらに強まり、商業経営環境は徐々に最適化になった。もう一方では、特定サービスの絶えざる推進に恵まれた。」区経済貿易委員会対外経済貿易科責任者によると、効率よくサービス品質を向上させるために、当該科室は全体で区行政サービスセンターに移転して業務を行った。

「我が区は継続的に企業誘致・外資導入と外資研究開発センターの関連政策の公布、宣伝普及業務をよく展開し、訪問・調査研究を一層力を注ぎ、切実に企業の需要を把握し、先進製造業、地区本部と研究開発、販売、運営センター等の入居を推進し、我が区の外資利用の新しい局面を切り開く」と区経済貿易委員会陳容主任は表した。一方、区経済貿易委員会と区投資促進センターは上海市外国投資促進センター、ドイツ商会等と協力し、アメリカとドイツ企業のマッチングを展開し、さらに企業誘致をより細かく取り扱い、G60科学技術イノベーション回廊の外国投資者と外商投資企業に対する吸引力を強める。

ランドマーク