ニュース

カスタマイズしてスマートフィットネスのスポーツジムを構築



フィットネスしながらボディデータを収集し、人々の状況によって「個性化メニュー」をカスタマイズする。斐訊体育センターは先日開業した。この科学技術製品の生産製造に携わった業界の傑出したものは日増しに強くなり、クラウドからオフラインへ発展し、市民にもう一つのレジャー・トレーニング場所を提供するだけでなく、将来には体育フィットネスを好む市民を「スマート体育」がもたらす利便性を体験させる。

斐訊体育センターは地下鉄9号線の松江新城駅商業圏の3階にあり、ジムの面積が2300平方メートルに達する。フィットネスして来る市民はまず健康診断を行い、脂肪の含有量や筋肉量等の検測データによってフィットネス目標の重点を選択できる。 

伝統的なオフラインスポーツジムはデータのサポーティングが欠かるが、オンライン体育コミュニティはオフラインの実体サポーティングが欠かる。市場のペインポイントによって、斐訊フィットネスセンターはスマートハードウェアを通してデータを採集し、分析を行い、サービスを送り出し、会員のために最適なフィットネスソリューションを提供する。斐訊フィットネスセンターの責任者項有真によると、現在、スポーツジムは既に1280人の会員があり、将来各種類のランニンググループ・コミュニティ会員を2000人を引き付ける見込みである。

ランドマーク