ニュース

「摩傘(Mosun)」は軌道交通9号線の松江各駅に現れ



先日、軌道交通9号線の松江各駅は「摩傘」の筐体を設置した。現在「摩傘」はまだ無料でレンタルできる段階にある。

スタッフの紹介によると、「摩傘」の筐体は合計48本の傘が収納されていて、定時的に巡回検査し、毎日壊れた傘を新しいのと交換するスタッフがいる。市民は「摩傘」のアプリにログインして身分証明書の情報を入力して実名で登録し、また39元のデポジットを支払う限り、「傘を借りたい」をクリックすると、アプリで自動的にQRコードが表示され、このQRコードを機械で読み取らせた後、傘は自動的にロックを外れる。注意すべきのは、10秒内で傘を取り出さない場合、傘は改めてロックされ、且つ赤いライトが瞬く。ただこの過程においては費用を計算しない。市民は傘を借り終わった後、アプリの中に「傘を返したい」をクリックし、傘をいずれの筐体に返還すればよい。

ランドマーク