ニュース

海外人材の集中・最適化、海外人材へのサービスを速め、区海外人材局(外国専門家局)は除幕式を開催



上海市松江区海外人材局(外国専門家局)は昨日午後除幕式を開催して成立した、これは上海郊外初の海外人材局(外国専門家局)である。

聞く所によると、区海外人材局(外国専門家局)は我が区が更によく国際的な人材を誘致、集中、サービスし、G60科学技術イノベーション回廊の人材集中地と人材高峰建設を強力に推進し、積極的に長江デルタ向けの海外人材を育成するために率先して建立する新しい人材サービス機構である。この局は管轄区内における本市の海外人材中国仕事許可に関する事項を引き受け、海外人材住居証明書の申請・取扱、本区の出国訓練政策の立案、年度訓練プロジェクト計画編成及び監督検査の組織・実施、本区国(海)外人士の就職管理等の業務を担当する。

了解によると、我が区は現在外資系企業が2300社あまりあり、ゼネラル・エレクトリック、ペプシコーラ等フォーチュン・グローバル500に評価された企業は40社あまりで、多国籍企業本部は8社で、ハイアールインテリジェントバレー、修正グループ、清華啓迪等百億元レベルのプロジェクトを誘致した。海外人士は2.2万人に達した。海外専門家、人材、留学生及びその子供は就業、医療等に対して切実に必要である。

ランドマーク