インフラ建設

公共事業 水道、電気、天然ガス
公用事業のサービス水準が引き続き高まっています。2010年全区内の消費電力量が77.29億kWh となり、前年より17.9%増えました。その内、工業消費電力量が51.83kWh となり、前年より18%増え、城卿住民生活消費電力量が10.27kWh となり、前年より22.7%増えました。水の消費量が11450万トンとなり、生活用水が5498万トンとなり、水道水の給水量が一日に55.30万立方メートルとなりました。年末まで、天然ガスの利用者が45.89万戸となり、前年より8.2%増え、天然ガスの販売量が14020万立方メートルとなり、前年より28.9%増えました。

通信ネットワーク
情報化建設は、引き続き推し進められています。業務ネットワークを作り上げ、資源の整合と業務の協力を実現し、工業化と情報化の融合を推進し、第一陣の「両化融合」実践区となりました。区・鎮の情報化の応用水準を高め、中山街道、葉榭鎮など11ヶ所の機関部門のプラットフォームの延長を完成させました。「千村万家」農村情報化養成普及工程を推進し、一年間において、研修を受けた人が1649人に達し、普及広報を受けた人が33548人に達しました。103の行政村ホームページを作り、基本的に全区におけるすべての行政村に至りました。