経済発展

経済nお総量

2013年は、全区は経済面では複雑で且つ厳しい国内外の環境と経済の構造転換の圧力を克服し、安定の穏やかな発展を達成しました。年間区内総生産が917.49億元となり、不変価格で計算すると、前年同期より3.5%増えたということになります。その中で、第一次産業は8.72億元の増加値を実現し、前年同期より2.6%増えました。第二次産業は544億元の増加値を実現し、1.9%増えました。第三次産業は364.77億元の増加値を実現し、6%増の成長となりました。

 

財政収入

財政的税収は、比較的に速い成長を実現しました。2013年全区は、財政総収入が前年同期比9%増の302.62億元となりました。その内、地方財政収入が17.2%増の103.47億元となりました。年間税収収入が290.68億元となり、前年同期より9.2%増えました。

 

上海市近郊各区(県)における松江区の順位

2013年、松江区の主要経済指標完成額は、近郊各区において、輸出製品総額が1位となり、増加値、工業総産値、財政総収入、契約ベース外資導入額、末期銀行預金残高が3位となりました。

 

産業構造

絶え間ない経済構造の最適化を遂げています。2013年各次産業増加値の比重が1.0:59.3:39.7となり、第二次産業の増加値の比率が前年より1.7%減となり、第三次産業の増加値の比率が前年より1.6%増となりました。第三次産業の割合は、例年より史上最高値となりました。

 

投資構造

固定資産において、投資構造の調整を速めて進んでいます。2013年全区が第二次産業で74.57億元の投資を達成し、前年より13.4%減り、第三次産業で214.31億元の投資を達成し、18.3%増えました。各次産業の投資比率が0:25.8:74.2となり、第二次産業の占める全区固定資産投資の割合が前年より6.4%減となり、第三次産業の投資が占める割合が前年より6.4%増となりました。